長野県

長野県について知りたいこと

下栗の里を訪ねたら…

一口サイズのチョコの定番、チロルチョコの名前の由来は、ヨーロッパのアルプス地帯や、オーストラリアのチロル州からきているそうです。自然の美しさや、高原で暮らす人々の人柄、その地域の爽やかさなどを、イメージしを持ったチョコにしたいという思いからのネーミングです。日本にも、日本のチロルと、呼ばれる、山に囲まれた里があります。長野県の飯田市下栗地区は、傾斜38度にもなる標高1000メートルの位置に民家が点在しています。下栗の里と、呼ばれ、その景観の美しさから、にほんの里100選にも選ばれています。長野県でも美しい景色を眺められるスポットとしてメディアにもとりあげられることが多い絶景ポイントです。観光客も多く訪れるようにはなっていますが、自然の中で地区には生活をしている住民の方がいるので、マナーを守って訪れましょう。下栗地区の特産品は、二度イモと呼ばれる下栗イモを始め、下栗イモを田楽にしたものなどがあります。下栗地区にあるそば処などで味わえますよ。民宿やロッジも数件ありますので、宿泊をはさんで、里を観光しても良いですね。秋期の11月には、下栗地区最大のイベントである、ふれあい祭りが行われて、色づいた山々と、地区の農産物、太鼓や踊りなどの見せ物を楽しめるので、秋期の観光もおすすめです。